アサイーの食物繊維はごぼうの3倍。整腸作用・コレステロール値低下作用バツグン!

私はもともと、便秘や下痢が多い体質でした。生まれたときからお腹が弱く、私の母も祖母も同じような体質なので、遺伝だと思って諦めていました。

学生のころも、授業中にお腹がゆるくなることは日常茶飯事。学生のころって、トイレに行くのって猛烈に恥ずかしいですよね。「頭が痛いから保健室に行きます」などと言って嘘をついて、トイレに駆け込むということがたくさんあったのです。なんであんなに恥ずかしく思ってたんだろうと、今となっては笑い話ですけれど、当時は本当に悩んていて、不登校になりかけるくらいに深刻な問題だったのです。

そんな私がアサイーと出会ったのは社会人になってから。

アサイーには豊富な食物繊維が含まれています。なんと、ごぼうの3倍!

食物繊維は便通を促してくれます。私は便秘のあと、急に昼間に便意が来て仕事に支障が出るという状態だったのですが、アサイーを摂り始めてからは、毎朝、リズムよく便意が来てくれてますね。

また、食物繊維には整腸作用があります。ビフィズス菌って聞いたことあると思いますが、食物繊維が大腸で発酵分解される際に、このビフィズス菌が増えるのですね。

これによって腸内環境が改善されるのです。よく、ペットのワンちゃんがそのへんの草を食べようとしますが、これも整腸作用を狙って本能的に行われる行動なんだそうですよ。

また、食物繊維には血糖値の急激な上昇を抑えてくれる効果があります。砂糖などの糖分を摂取すると、血糖値が急激にあがり、インシュリンホルモンが分泌され、脂肪を蓄積してしまうのです。

アサイーはこの血糖値を抑えてくれるので、ダイエット効果(太りにくい効果)があると言われているのです。

食べる順番は野菜から、そのあとに炭水化物って言われますが、これも血糖値の急激上昇を抑えるために、さきに野菜でお腹を満たそうということなんですね。理にかなっているのですね。

そして最後に。食物繊維はコレステロールを低下させる作用があります。どういう理屈かというと、食物繊維は腸の中に存在するコレステロールや胆汁酸を吸着し、体外に排出してくれる効果があるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です