コストコでチョコレートを大量に買いすぎて太ってしまった体験

甘いものなんて興味ない。

……はず、だったのに。海外旅行帰りの友達からお土産にチョコレートを貰って以来、チョコレート大好き人間になってしまいました(´-ω-`)
外国のチョコって日本のチョコと違って、豆っぽい香りがドンッとしたり、舌溶け感が乱暴だったり。なんだか大雑把に作られた感じのチョコだなぁと最初は思っていました。でもそれを一口、二口と食べ進めるうちに、舌が中毒的な外国チョコ好きに仕上がったのです。

ハマり始めの頃は一週間に一回チョコを食べる程度。海外のチョコって日本で買うと高いし、コンビニで気軽に買うって感じでもなかったからです。でも
友達に誘われてコストコへ行った時に、「せっかく来たんだし」とか「普通に買うより安い」とか、そんな理由付けをしてチョコの大量買いを……( ゚Д゚;)))
もちろん買った時は「ちょっとずつ食べれば問題ない」と思っていました。でも人間の自制心って、簡単に決壊するもんなんですね……。気付けばひとつ、またひとつとチョコに手を伸ばす日々が始まっていました。

板チョコに換算すると、一日2,3枚は食べてたんじゃないでしょうか。ともかく毎日、チョコを思う存分食べまくってました。太ったことのない人生だったので、“食べ過ぎる=太る”なんてことは考えてもいませんでした。
知らず知らずのうちに過激なデブエット生活をやっていた私のお腹は、日常的にチョコを食べるようになって一か月程度でプヨプヨになっていました。心なしか、顔もパンパンになったような……。まさかと思っても、事実、洋服が若干キツイ。「まぁ、太ってたとしても1キロ程度だろ」と思っていましたが、体重計に乗ってみたら3キロ増(o゚Д゚ノ)ノ

見たこともない数値を叩きだしている体重計に我が目を疑い、嘘だと全力で否定をし、そんなはずはないと頭を抱えました。それからもう一度体重計に乗って3キロ増であることを認め、ダイエットを決意しました(`・ω・´)
とはいえ、ダイエットと言っても特別なことはせず。自宅にあるチョコの在庫を友達や同僚に配り歩いて処分し、チョコ断ちをしただけです。以前の生活に戻れば痩せるだろう、そう思ってのことです。

結局、元の体重に戻るまで2カ月くらいかかりました。太るのは一か月だったのに……。今でもチョコの誘惑はありますが、また食べ始めると止まらなくなりそうなので口にしていません。もうあんな思いはコリゴリです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です