意志が弱いからダイエットが続かないという自分の弱さを認めること

ダイエットしたいっていう人は、いつの時代も結構いるようですね。
ネットで検索してみたり、書店に行ってみても、本当にいろいろなダイエット方法が紹介されているのを見かけます。
よくもまあ、これだけのダイエット方法が生まれるもんだなあ、なんてちょっと感心しちゃうくらいですよ。
ダイエットに関してはグッズや食べ物もたくさん出ていますからね。

よくよく考えたら、ダイエット自体はすごくシンプルなことのはずなんですよ。
今より体を動かして、摂取するカロリーの量を減らせば痩せるんですよね。
これは不変の事実で変わりません。
でもそうするための方法が、どんどん増えていくのです。

これはこのシンプルなことを実践するのが、それだけ難しいっていうのを、示しているんじゃないかなって思います。

偏見かも知れませんけど、ダイエットが必要になる人っていうのは、一部の人(薬の副作用で太りやすくなるとか、遺伝で特別に太りやすい体質の人もいるらしいので)を覗けば、
意志が弱い人なんじゃないかって思うのですよ。
だから運動を続けることが出来ないし、つい食べ過ぎたり、栄養バランスを考えずに太りやすいものばかり食べて、余分に脂肪をつけて後悔してしまうわけです。
普通の人にとっても、改めて運動する習慣をもったり、食生活を改善するのはなかなか難しい問題だと思いますけど、
こういう人たちにとっては、余計に難しいはずです。

なのでいろいろなダイエット方法があれど、途中で挫折してしまうことが多いのでしょうね。
だからこそ「これならどうだ!」というふうに、新しい方法が次々に生まれるのではないでしょうか。

とはいえ、それらは決して無駄じゃないとも思います。
少しではあるものの、「その方法が自分には合っていた」ということで、ダイエットに成功する人たちだって、幾らかはいるからです。

まあつまり、なかなかダイエットに成功しない人は、どんどん試していくしかないんじゃないかなって思うわけです。
自分にとって継続しやすい方法をどうにか見つけるしかないですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です