お腹が空いたときは空腹を無理して我慢せず、適度に間食をしましょう

ダイエット中は間食をしてはいけないと思っていませんか。

たしかに間食をすれば摂取カロリーが増えて、消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば太ります。しかし、お腹が空き過ぎた場合は間食をした方がよいです。

空腹がつらいと食事でドカ食いをしてしまう可能性があります。無理に我慢するとストレスになっていつか爆発したり、リバウンドの危険性もあります。
お腹が空いたときは空腹を無理して我慢せず、適度に間食をしましょう。しかし、どんなものを食べていいのではなく、ダイエット中に適した間食と適さない間食があります。

適さないものはチョコレート、ケーキ、スナック菓子など糖分や脂肪分が多く栄養を含まない食べ物です。これらを食べても余計なカロリーを摂るだけで体は満たされません。

適しているものはナッツやドライフルーツです。ビタミン、ミネラルが豊富で代謝を助けてくれます。
ナッツ脂肪分が多く太るイメージがあるかもしれませんが、ダイエットに役立つ成分を含んでいます。
アーモンドを1日25粒食べてやせたという報告があります。アーモンドには炭水化物の分解をする酵素の働きを阻害して血糖値の上昇を抑える働きがあります。

肥満の原因になるインスリンの分泌が抑制されます。アーモンドは固いのでよく噛まないと食べられません。よく噛むことで満腹中枢が刺激され、少量でも満足することができます。クルミやカシューナッツなど他のナッツを取り入れるのもよいでしょう。油や塩で調理されているものはカロリーが高くなるので、無調理のナッツを選んでください。

甘いものが食べたいときにはドライフルーツがおすすめです。砂糖は急激に血糖値を上昇させますが、ドライフルーツは食物繊維を含んでいるので砂糖のように急激に血糖値を上昇させません。ミネラルが豊富で代謝を助けてくれます。
ナッツやドライフルーツがダイエット中の間食によいからといって食べ過ぎればカロリー摂取量が増えて太ります。食べ過ぎには気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です